戦評(予選総括)
通りすがりの総括A氏
テリウス(蒼炎)

 最終的に19人中14人が通過という脅威の力を見せつけた蒼炎。
 発売三ヶ月と少しという新作効果も大きいが、組み合わせ的に作品内の人気キャラ同士の対決が無かったことも幸いしたようだ。
 しかし下馬評をひっくり返したかもと思えるほどの大躍進を見せたのはジルくらいで、残りのキャラは「ここまで来るか!」と思える面も多少有ったが、実は 割と順当に勝ちぬけてきた気もする。
 全体的に『予想よりそこそこ良かった』という結果が揃いに揃ってここまで来た、という感じだろうか。
 ミスト、エリンシア、ネフェニ−などは支援も多かったが、ティアマトやタニスに関しては支援はかなり少なく、他のキャラに関しても他大陸で同数程度の票 を取ったキャラに比べると支援が少ないかな?、と思えるキャラが多くこの辺りは本戦での不安要素でもある。
 前回のTSの二の舞にならないことを祈ろう。
マギ・ヴァル(聖魔)

 序盤は出番ほぼなし、中盤まで同大陸同タイプ対決などで苦戦気味、三位地獄とも言われた聖魔。
 これは蒼炎にも言えることだろうが、割とどのキャラにも人気があるというのが、聖魔の場合はあだになったのかも知れない。
 しかし終盤で盛り返し三人が通過。特にルーテ、ラーチェルは完全に圧勝。エイリークも安定した票を集め、終盤追い上げられたものの手堅く同票一位を確 保。
 比例の三人も最低ライン48票と、他大陸に比べて票数は高め。この質の高さを持って本戦をがんばって欲しいところ。
ユグドラル(聖戦/トラキア)

 聖魔とは逆に聖戦の戦いの舞台は主に序盤から中盤まで、と言った感じだっただろうか。15組にフュリーが居たものの、残りの 聖戦からの勝ち抜けキャラは 全て11組より以前となっている。
 アイラ、ティルテュは危なげなく一位で予選通過を決めたが、他の親世代は皆苦戦気味で、残りはフュリーが比例安全圏で拾われたのみ。
 しかし親世代に関しては、前回の32人の中にアイラ、フュリーだけが残ったという状況と実はそれほど変わってないのかもしれない。
 子世代に目を移してみると、父親自由のキャラの中で予選二位以内で通過したキャラはティニーしか居ないという状況。比例でフィー、ラクチェ、ラナ、ナン ナが拾われたが、
 全体的にちょっと他作品に食われ気味で苦しい状況かも知れない。代理キャラはマナ以外惨敗だが、これは元の人気の差を考えると仕方ないところだろう。
 とにもかくにも、聖戦にももっとがんばりを期待したいところ。

 トラキアに関しては、比例での通過者のみという結果に。
 不振な理由については、作品の知名度、および入手の難しさ≒ユーザー数の少なさと、組み合わせの悪さという相乗効果によるところが大きいだろう。
 しかし比例からミランダ、オルエン、マリータ、サラが拾われた。票数や順位で見れば比例で拾われた聖戦子世代キャラとの格差はほぼ無いと言っていいだろ う。
 ここからどこまで巻き返せるか・・・、トラキア勢の本当の勝負はこれからだ。
エレブ(封印/烈火)

 通過者の内訳を見ると、封印は1、2位での勝ち上がりが6人、比例が3人の計9人。対する烈火は1、2位での勝ち上がりが3人の比例6人の計9人と、人 数は同数で並びながらもかなり内容の違う結果となった。
 封印は前回のリベンジとばかりに皆熱い支援が飛び交い、特に、ソフィーヤ、セシリア、リリーナ、フィル、などはかなりの接戦の末相手を下し、それぞれ1 位、2位を確保している。
 本戦でのポイントは、その勢いを維持できるかどうか、というところか。反対に烈火は全体的にやや苦戦気味。聖魔やトラキアで言われる「組み合わせに恵ま れない」という言い訳が通りそうなのはニノとルイーズが被った6組くらいではないだろうか。
 中には超大穴だったセーラが圧勝だったりレベッカが同タイプ対決を下したりという場面も有ったが、他はいまいち不振気味。
 比例枠についても、封印がキャラごとの票数の上下差が激しい中、烈火のキャラがその間を取って抜けてきた印象も無いとはいえない。
 比例枠最低ライン27票は他大陸と比べても明らかに低い。比例下位から拾われた烈火のキャラ達に、果たして本戦を勝ち抜けるだけの実力はあるだろうか。
 少々気がかりでは有るが、本戦での巻き返しを期待したいところでもある。
 アカネイア(暗黒竜/紋章/BSFE)

 前回通過者がシーダ、チキ、カチュア、パオラ、ミネルバ、リンダ。
 今回この6人のうち5人が順位で通過を決め、パオラ一人が比例に回りつつも74という比例安泰の得票で無事通過を決めた。古い作品だからなのか、三年程 度では人気どころは全然変わってないような模様。
 しかし時代の荒波か、前回は六人が六人とも一位通過だったのに、今回の五人に関してはカチュア以外は皆二位通過、特にミネルバは同着二位、リンダも接戦 の差で三票差での二位と来ている。
 まだまだ自力も人気もある紋章のキャラ達だが、新作に押されて陰り気味・・・しかし、地力の強さは本戦で発揮されるはずだ。
バレンシア(外伝)

 筆者は外伝未プレイなんですが・・・、何と言うか、主人公含めかなり悲惨な結果に。
 トラキアと同じく、知名度の低さと組み合わせの悪さがもろに響いた結果では無いだろうか。
 SFCのゲーム(紋章)の三年とFCのゲーム(外伝)の三年じゃやっぱりブランクが違うのかも……。
 セリカは支援の面では質量ともに優秀。
 デューテと二人、本戦でがんばって欲しいところ。

戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット